インク沼① HERBIN

万年筆を使い始めてかれこれ7年…

きっかけは隣の研究室のステキなお姉さまがインクをプレゼントしてくれたこと。

いろいろなタイプの万年筆、ペン先、そしてインク…組み合わせは無限大であり、そこから抜け出せなくなる様はまさに“沼”である。

先日ふと、緑系のインクが欲しくなり、そういえばと家から持ってきたのがHERBINのエメラルド・チボー(アリバーサリー1670)金粉入り!

勇んでペン先を瓶に入れると、勢いが良すぎてインクが溢れ指が染まってしまった。

次はもっと明るい草みたいなキミドリが欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。