公認心理師現任者講習、旧姓で受講してしまった…!

普段、職場での旧姓使用のメリットはあれどデメリットなど殆ど感じたことなかったはずのわたしですが、今回は危うくトラップに引っかかるところでした…

各種国家資格における旧姓使用の状況について

しばらく前に、公認心理師の現任者講習会を受講したのです。

先日「受験の手引」を取り寄せようとして、何気なく講習会の修了証(これがないと試験を受けることができない)を見たらびっくり仰天。なんの疑いもなく旧姓で講習会に参加し旧姓名義の修了書をもらってきてしまったのです。

慌てて講習会を主催した団体に問い合わせると、

「お問い合わせの件ですが、修了書のお名前の変更は承れませんのでご了承ください。

受験の際は戸籍上のお名前を記入いただくこととなりますが、戸籍抄本を添付していただくことで、修了書もそのままお使いになれます

受験の手引きにてご確認ください。」

とのことでした。ほっと一安心。

…現任講習会の案内やその団体のHPには、戸籍名で受験するという注意書き一言も書いてなかったぞ。不親切だなあ(誰も間違わないくらいの社会常識なのか?)。

ちなみに他の団体のHP見たら小さく書いてありました。

国家資格になったばかりでやり方が定まっていないのだろうけど、あんなに高い講習料とるならもっとしっかりしてくれよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。